制汗スプレーというものは、夏場になればドラッグストアにずらりと並ぶものですが、あえてラポマインを使っている女性や男性は多いです。何故ラポマインでなければならないのでしょうか?そもそも制汗スプレーは効果があるのでしょうか?

ワキガでないならスプレータイプでも良い

まず、殺菌作用が配合されているスプレーなら、軽めのフェノールなどの成分が配合されているもので汗を抑えることでニオイをケアすることが出来ます。ワキガ体質でなければ、スプレー、パウダー、シートなどで応用が可能であると言われています。植物エキスなどが配合されたシートで汗をかくたびにしっかり汗を拭きとればニオイをケアすることが出来るとされています。

制汗と抗菌、スプレーにはこのように大きく2つにわけることが出来ますが、体臭のくささによって使い分けることが出来ます。ですから汗をそれほどかかないという人は制汗スプレーで汗を抑制するだけでニオイをケアすることが出来るのです。

ワキガはもとからケアしなければならない

しかしワキガとなるとそうはいきません。スプレーは消臭効果はあっても、汗は出続けますから、汗じみなどの解消には向かないのです。ワキガは汗のニオイはもとより、その汗がとても臭く、アポクリン腺から出ている汗で、本来は無臭の汗なのですが、ワキガの場合、その汗が臭いのです。そのため、スプレーで一時的にしのげても、また数時間後にはニオイが出てくると言うことになります。スプレーで抑えることが出来る汗は一時的なので、ずっと継続する効果を求めるのであれば、ラポマインというジェルクリームでしっかり朝と晩にケアして汗を抑制する必要があります。

スプレーで間に合っているという人は、ワキガまで進行していない証拠です。どんなスプレーを使っても効果があまり感じられなかったという人は、ラポマインを使ってみましょう。保湿はしっかりしてくれるけれど、サラッとした感触で、そして臭わない。3拍子揃っているラポマインを使わない手はありません。夏が来る前にケアを徹底しておきましょう。