ワキ汗を抑制する、乾燥させると乾燥肌になるのでは・・・と不安に思う人も多いようです。さらに乾燥すると余計にニオイが充満するのでは、と思う人も多いでしょう。

実際乾燥するとワキガ臭が強くなる

実際、乾燥するとワキガが発生すると言われています。しかしラポマインはただワキ汗を抑制するだけではありません。ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗とされています。汗をかかなければワキガは発生しないので、従来の乾燥させるスプレーなどケアが行われてきたのですが、それでもワキガはなかなか治らないと言われてきました。

しかしラポマインは乾燥肌になるというよりは、しっとりした保湿された肌になることが出来ます。乾燥はワキガの原因の大元であるので、保湿することによってニオイをケアすることが出来るのです。

スプレーは汗をかかないようにする

余分な汗をかかないようにし、ワキガを抑制するのです。スプレーなどは使い心地がよく、一瞬スーッとメントールのような心地よさがあるでしょう。しかし使用直後はさっぱりして気持ちよいのですが、肌表面の水分を奪ってしまうので、ワキガが余計に酷くなるのです。さっぱり系のデオドラントアイテムを続けることでワキガがさらに悪化していく・・・その悪循環を断ち切るためには保湿がマストなのです。

ラポマインはしっとり保湿成分がたっぷり入っており、ニオイの原因乾燥から肌を適度に守ってくれますから、ラポマインで乾燥肌になることもありませんし、乾燥してワキガ臭が酷くなるということはありません。それなら保湿クリームをワキに塗っていれば良いのでは?と考える女性も多いでしょう。特にボディケアした際に、ワキを念入りにしたら良いのでは・・・と思いますが、実際、ただの保湿剤だと消臭効果は期待出来ませんから、保湿は出来てもニオイを消すことは出来ません。

ですからラポマインのような保湿クリームを使って朝と晩の1日2回保湿をしっかりして、ワキガ臭をケアすることが大切なのです。